保育士の資格を持っていると様々な職場で採用される

保育士の資格を持っていると様々な職場で採用される

保育士と園児

保育士の資格は色々なところで活かせる

子供が好きで保育士になったという人はたくさんいます。保育士不足という現状から、今では保育園だけではなく、様々な活動の場があります。保育士だけでなく、児童養護施設や盲児施設などで、子供のお手伝いをすることができます。

ウーマン

保育士の大事な採用条件は人間性

保育士の採用条件で一番見られるといっても過言ではないのが、人間性といわれています。保育士は多くの子供をみます。その中でも0歳から2歳までの小さな子供が中心となるため、先生の態度や姿勢を見て、マネし、吸収することも多いです。そのため、人間性は重要視されるのです。

保育士資格で採用される仕事を比較しよう

目や耳が不自由な児童のお手伝い

目や耳が不自由だと、大人でも大変です。子供はその何倍も大変と言われています。そんな子どもたちのお手伝いをしながら、社会へ自立できるように指導していくのも保育士の仕事の1つです。

母子生活を支える施設でのお仕事

子供を持つ家庭の半分が母子家庭といわれています。また、お母さんに配偶者がいない場合、仕事から育児までを1人でこなしていかなくてはいけません。そんな不安と隣り合わせの母子に、安全な住まいを提供し、生活を促進するためのお手伝いをする施設でお仕事してみましょう。

広告募集中